投資

一般NISAとつみたてNISAどっちがいいのか?

今年のNISA枠を通常NISAにしました。
eMAXIS Slim 全世界 オールカントリーを毎月10万円ひたすら積み立てていくというスタイルになります。
相変わらず米国株が伸びているので良い感じに育っています。

「一般NISAと積立NISAどっちが良いのか?」は「S&P500とオールカントリーどっちがいいのか問題」と並ぶテーマの一つです。

 

 

一般NISA → 年間120万円投資可能で5年間非課税(2023年まで)
新NISA → 年間122万円まで投資可能で5年間非課税(2024年から)

積立NISA → 年間40万円投資可能で20年間非課税

一般NISAは2023年から新NISAへ変更され、2階建て構造になります。

年間120万円未満の投資額なら「積立NISA」が最適解になりますが、年間120万円以上投資する場合「一般NISA」と「積立NISA +特定口座」のどちらが良いのか?

積立NISA +特定口座

非課税期間が長くなり、リスクが下がることと投資額を調整しやすいところかなと思います。
特定口座への投資は減らすことのデメリットがないので、基本的にこのスタイルがおすすめです。

一つだけ懸念点があるとすれば、非課税期間の長さにあります。
非課税期間が20年で投資期間が20年ということは、20年後に投資したお金はそこから20年非課税で、つまり今から40年後になります。

一般NISA

年間120万円投資できるので、リスクを取れる人向けになります。
非課税期間が終了時、翌年のNISA枠にロールオーバーする事ができるので、5年分のNISA枠が埋まったらそこからひたすらロールオーバーしていき、そこから先は特定口座のみになります。

懸念点としては一般(新)NISA自体2028年までなので、そこから先は法改正次第となります。

最初は積立NISAからの方が良い

インデックス投資は運用期間が長いほど複利で増えていきます。
40万円が20年間の平均利回り5%で計算すると約100万円になります。

若い人ほど時間を味方にできるので、最初は「積立NISA」で開始して状況に応じて「一般NISA」にするのもアリかなと思います。

オールカントリーに投資している以上、利回りはある程度平均値になるので、あとは「いつまで・どのくらいのペースで行うか?」を考えることになります。