雑記

楽天経済圏って何?

つみたてNISAを始める時、数あるネット証券の中で楽天証券をおすすめする理由は楽天経済圏による相乗効果があるからです。

さらに楽天市場でふるさと納税ができるので、こちらも活用しましょう。

楽天カードは作った方がお得

楽天市場でのお買い物は楽天カードがおすすめです。

利用金額1%分の楽天ポイントが貯まります。

溜まった楽天ポイントは楽天カードの支払いに利用できます。
この方法でポイントを使用するのがロスがなくておすすめです。

楽天証券でつみたてNISAをする際にも利用できます。

楽天ポイント倍率(SPU)を上げよう

楽天のサービスを使うことで楽天市場でのポイント還元率を上げる事ができます。

おすすめのSUP一覧(5.5倍分)

  • 楽天会員 +1倍
  • 楽天カード +1倍
  • 楽天モバイル +1倍
  • 楽天銀行+楽天カード +1倍
  • 楽天証券 +1倍
  • 楽天市場アプリ +0.5倍

楽天証券と楽天モバイル以外は無料で達成できます。

楽天モバイルも実質無料で利用できるのでおすすめです。

楽天ブックスやpashaなどは必要に応じて達成しましょう。

スーパーセールやお買い物マラソンでふるさと納税をしよう

スーパーセールは年4回ほど開催されるお得なセールで、お買い物マラソンはほぼ毎月開催されるセールです。

お顔ものマラソンとスーパーセールは似たようなものですが、スーパーセールの方がお買い得品が多いです。

どちらも楽天市場内で買い周りでポイント倍率が上がります。

1ショップ1,000円以上お買い物をするとポイント1倍(購入金額の1%)され、10ショップでお買い物をするとポイント10倍になります。
上限は7000ポイントです。

このタイミングでふるさと納税をするのをおすすめします。

 

7,000ポイント貰うためのお買い物金額目安

・2店舗  1倍  700,000円
・3店舗  2倍  350,000円
・4店舗  3倍  233,334円
・5店舗  4倍  175,000円
・6店舗  5倍  140,000円
・7店舗  6倍  116,667円
・8店舗  7倍  100,000円
・9店舗  8倍   87,500円
・10店舗   9倍   77,778円

無理のない範囲でお買い物をしましょう。

買い周りにおすすめな商品

店舗数稼ぎに1,000円の食品(主にカレー)やiTune・GooglePlayカードもおすすめです。

iTune・GooglePlayカードなどはマネーフォワードmeの課金などに使いましょう。