投資

iDeCoって何?

お金

iDeCoは「個人型確定拠出年金」と呼ばれるもので、老後のための資産づくりを目的とした制度です。

つみたてNISAと似たような制度ですが、こちらはちょっとルールが複雑です。

加入条件と毎月積み立てられる上限額がある

職業によって条件が異なります。

積立最低金額は5000円からで、毎月の積立上限は大まかに下記のとおりです。

職業 上限額
自営業 68,000円
会社員 12,000〜23,000円(企業年金の有無で変動)
公務員 12,000円
専業主婦(主夫) 23,000円

会社員の場合は企業年金があるかどうかで上限額が変動します。

その他細かい加入条件が沢山ありますが、2022年の法改正で今後加入条件が緩くなるようです。

メリットは節税効果が大きいこと

掛金が全額所得控除になり、運用益も非課税なので節税効果が大きいです。

投資と節税を同時に行えるため、資産の最大化にはとても効率が良いですね。

投資先もコストの低い米国・全世界インデックスファンドがあります。

デメリットは流動性リスク

60歳まで引き出すことができないので、いざお金が必要となった場合困る事があります。

資産の最大化にはとても効率の良いiDeCoですが、無理のない範囲で積み立てるようにしましょう。



出口戦略が必要

投資期間が長いほどリスクを取れるので、20代・30代の方は株式100%で運用する方が多いと思います。

60歳から受け取ることを考えると、40代後半から50代あたりからリスクを下げるため、債券や現金などの比率を増やしたりなど資産配分の見直しが必要となります。

また、60歳になったら一括・分割・一括+分割どの方法でもらうかで手数料や税金が変わってきます。

運用益は非課税なのに受け取りには税金がかかるという、ちょっとややこしい部分があります。

この税金も一括で受け取る場合は「退職所得控除」、分割で受け取る場合は「公的年金等控除」を使うと税金を抑えられるので、受け取り方の方法も考える必要があります。


結局、iDeCoはやるべき?

制度的にややこしい部分が多いですが、節税効果が大きいのでやったほうがお得です。

個人的には「つみたてNISA」を満額かけられたら次は「iDeCo」、という感じですね。