投資

S&P500とオールカントリーどっちがいい?

積立NISA関連の話題で「S&P500とオールカントリーどっちがいい?」というお話はよくみます。

ここ数年の米国株のパフォーマンスが良いのとインデックス投資の説明をするときにS&P500の方が説明がしやすいため、こちらの方が人気があったりします。

どちらに投資するか、まずは投資方針を決めましょう。

全世界の経済成長

投資は基本的に全世界への分散が基本になります。

ですがグローバル化によって全世界で活躍する企業も増えています。
米国のGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)などがわかりやすいですね。
米国には全世界で活躍するグローバル企業が多数あるので、米国にだけ投資しても結果的に全世界が成長する恩恵を受けられるという考え方もあります。

つまり「オールカントリーとS&P500どちらに投資するのがいいか?」というのは、どちらを選んでも全世界の成長に期待するという点では同じという事になります。

迷うならオールカントリーから始めた方が無難

投資は「卵を一つのカゴに盛るな」と言われているように分散が基本です。

つまりセオリーで考えればオールカントリーがベターとなります。

オールカントリーの中身をグラフで見ると6割はアメリカが占めており、オールカントリーに投資しておけばアメリカにも十分投資できている事になります。

どのファンドを選んだら良いか分からないのであれば、オールカントリーを選んでおけばとりあえず株式の分散は十分にできます。

また、積立NISAはバイ・アンド・ホールドが基本で、20年売らずに持ち続けて複利で増やす事が望ましいとされています。

20年後の世界情勢が分からない以上、20年後の世界に対応できるオールカントリーが積立NISAとは相性が良いのではないかと考えます。

しかし過去のパフォーマンスを並べてみるとS&P500の方が良かったりするので、最終的に好みの問題かもしれません。



まとめ

今の投資方針は『未来は基本予測できないから、どっちに転んでも良いようにする』です。

投資は『 種銭 × 投資先 × 投資期間 で利益が決まる』という考え方をすると、種銭が少ない時にあまり複雑なことをするのは時間的に効率が悪いのかなと思います。

なので、貯蓄+オルカンが時間効率が良いという事になります。

方針を決められない方も多いかと思いますが、「初めて投資をしたいんだけどどうしたらいい?」と聞かれた時は「楽天証券で楽天カード決済をしてオールカントリーをつみたてNISAで買ったらいいよ」というようなアドバイスをするようにしています。