スマホ

楽天の無料期間が終わったのでLINEMOに乗り換えた

落ち着いてきたと思ったスマホ料金の改定合戦もpovoが基本無料になったり、ワイユーモバイルの5GBプランが値下げされたり、ここにきて値下げ合戦がまた始まったようです。

去年最安だった楽天の1年無料が終わったので、LINEMOのスマホプランへ乗り換えました。
開始直後に終了のお知らせが出た「みんなの銀行20%還元キャンペーン」もあったので丁度良かったです。

変えてすぐに実感、通信速度がめちゃくちゃ快適!
混雑するお昼の時間帯でも普通に動画見れたりしました。

しばらくはLINEMOを利用しようかと思います。

LINEMOの特徴

2種類のプランから選ぶことができます。
主な違いは下記の通り。

スマホプラン ミニプラン
データ量 3GB 20GB
基本料金 990円(税込) 2,728円(税込)
データ量超過後の通信速度 300kbps 1Mbps
PayPayボーナス特典 3,000円 10,000円
LINEスタンププレミアム
ポイントバック
対象外 対象
ソフトバンクまとめて支払いでPayPayにチャージができる

LINEMO経由でPayPayにチャージできるのでクレジットカードのポイントが貰えたり、エポス修行や三井住友NLゴールドの100万円修行にも使えて便利。

LINEギガフリー

LINEの通信でギガを消費しないので、他の通信会社よりも少しギガに余裕が出ます。
オープンチャットを利用すると通信量も増加するのでLINEギガフリーはありがたい特典ですね。

 LINEスタンププレミアム

5種類だけLINEスタンプが使い放題になる「LINEスタンププレミアム」が付いてきます。
LINEスタンプも飽きたら使わなくなることが多いので、結構嬉しい特典だったりします。
ミニプランは対象外なので注意。

乗り換えるタイミング

できるだけ月末に乗り換えるとお得になる場合が多いです。
多くの通信会社はNMP転出時1ヶ月分の請求となり、契約時の初月は日割りになります。

  • NMP転出時→1ヶ月分の請求
  • LINEMO契約時→初月日割り

LINEMOの場合はeSIMが使えるので、申し込み当日に契約することができます。

ただし、NMP予約番号の発行には1日以上かかるので、NMP予約番号だけは余裕を持って発行しておくことをお勧めします。

お得なキャンペーン

他社からの乗り換えでPayPayボーナス1万円相当が貰える

LINEMOの通信費はPayPayで支払えるので約3ヶ月は実質無料ですね。
PayPayボーナスが付与されるのは開通の翌々月の末で、付与される前にプランを切り替えると対象外になってしまう恐れがあるので注意。

ミニプランで契約した場合は3,000円相当のPayPayボーナスとなります。

3GBで十分な場合、月末にスマホプランで契約しPayPayボーナスが付与されたらミニプランに切り替えた方がちょっとだけお得かも。


1年間5分以内の国内通話無料

550円のオプションですが1年間無料で使うことができます。
通話はあまり使わないのでそこまで必要ではないですが、無料で使えるのはありがたいですね。